花村萬月『私の庭 −浅草編−』を読んだ

 萬月先生初の時代物小説を読み終わった。時代物ということもあり今までの萬月ワールドとはひと味違った。時代は江戸末期から幕末にかけてで舞台が吉原と言うところがらしいと言えばらしいね。主人公の権介は人に好かれ、女にもてて、目上の人にかわいがられると言った萬月先生の好きなキャラクターなのかもしれない。書かれている日常の流れと、時代の流れにギャップは感じるものの独特の世界観で書かれているので読み始めると時間を忘れてしまう。浅草編とあるように次作があるのかもしれないので、その時が楽しみだね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする