2004年6月18日

見せ場たっぷりのゴールドカップ

イギリスのロイヤルアスコット競馬場で行われたG1ゴールドカップに出場した春の天皇賞馬イングランディーレはスタートから果敢に逃げたけど他馬の厳しいマークにあい9着以下に敗れた。天皇賞の時と違いあれだけマークされれば最後はバテるよな。それでも、直線まではドキドキして見ていられたから楽しかったね。出来れば、吉田照哉さんもゴドルフィンのように多頭出しで挑んで欲しかったな。

レースを見ていて思ったけど、イギリスの競馬は格式が高いね。さすがと言うべきかあれが本来の姿なんだろう。男性はシルクハットに燕尾服、女性はイブニングドレスだもんな。格好いいわ。

at 14:46 | OTHERS | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。