見せ場たっぷりのゴールドカップ

イギリスのロイヤルアスコット競馬場で行われたG1ゴールドカップに出場した春の天皇賞馬イングランディーレはスタートから果敢に逃げたけど他馬の厳しいマークにあい9着以下に敗れた。天皇賞の時と違いあれだけマークされれば最後はバテるよな。それでも、直線まではドキドキして見ていられたから楽しかったね。出来れば、吉田照哉さんもゴドルフィンのように多頭出しで挑んで欲しかったな。

レースを見ていて思ったけど、イギリスの競馬は格式が高いね。さすがと言うべきかあれが本来の姿なんだろう。男性はシルクハットに燕尾服、女性はイブニングドレスだもんな。格好いいわ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 【速報】イングランディーレ、ゴールドC挑戦も完敗

    創設1807年とその歴史が200年に達しようかという、ゴールドCに
    今年は、日本から天皇賞馬イングランディーレが挑戦。鞍上は横山典弘騎手。
    英国王室主催で由緒あるアスコット競馬場で行われる格式高きこのレース。
    直線までは先頭でレースを作ったイングラ