2004年6月21日

全米オープン最終日

早起きして見たけど最終日のグリーンは昨日よりもっと速くなっているようだね。丸山は3日目の18番でダブルボギーを叩いたのが痛かったな。あれが、尾を引いたのか分からないけど短いバーディーパットを幾つか外していたね。それでも、何とか6オーバーでまとめてトータル4アンダーで4位だからたいしたもんだ。最終組でまわったエルスは80も叩いてトータル7オーバーだからね。あの高速グリーンは1mからでも2パットがあるから怖い。見ていて選手の緊張している姿を見ると入るような気がしないからね。優勝したグーセンはアドレスしてからパッティングするまで躊躇がなかった。迷いがないと言うかこうと「決めたら、すぐ打つ」といった感じだった。勝つ人のゴルフというのは「迷いが無い」というような気がした。

The U.S. Open Tournament

そうそう、アピタ・サークルK・サンクス・レディースでは宮里藍ちゃんが逃げ切りで優勝したね。2週連続優勝で今年3勝目というのだから立派だ。男子ゴルフはスターがいなくて面白みがないけど女子ゴルフは盛り上がりそうだね。これで、全英女子に行って活躍したりしたら凄いことになりそうだな。
at 15:53 | OTHERS | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。