2004年12月 7日

WSJSの結果

非常に残念だった。3レースを終わった時点で内田博幸騎手はトップ。もう優勝は間違いないと思ったのに最後のレースで騎乗馬が出走取り消し。なんという不運だ。ゴールデンサドルトロフィーでは13人気のマキハタグルーオンを好騎乗で5着に持ってきた(レースを見ていてあわや2着かと思った時は“行け〜ウチダ”と叫んでしまった)のに。これで、内田騎手の名も全国区になったね。これからは中央にちょくちょく来て暴れて欲しいモンです。つくづく残念。

●第18回ワールドスーパージョッキーズシリーズ ポイント順位表(最終結果)

at 02:21 | 競馬 | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。