2005年6月 8日

酒飲みに朗報

ウイスキーに糖尿病合併症予防効果…サントリーが発表
サントリーが京都府立医科大の教授らとウイスキーに含まれるポリフェノールの一種に糖尿病の合併症を引き起こす酵素の働きを阻害する作用があると解明したと発表。その効果はお茶やワインよりも強力で熟成期間が長いものほどいいらしい。と言うことは高いウイスキーほど効果があると言うことだね。


まあ、糖尿病にならないのが一番いいのだがなったとしてもウイスキーは飲んでもいいということだ。


at 13:10 | OTHERS | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。