鉄壁の朝青龍が負けた-大相撲初場所

スポンサーリンク

昨日の白鵬戦では右腕を決められて小手投げで負けた。そのあと、右腕を気にしながら支度部屋に帰ったが今日みると右腕にテーピングが。それでも、対戦相手が安馬だから負けるはずはないと見ていた。いつものように張り差しから左を取ったのはいいけど、安馬に右を差されてそのまま半身に。すかさず安馬が右上手投げと朝青龍の左足を払ったら横綱がバッタリ手をついてしまった。なんともあっけない負け方に朝青龍も呆然。あんな風に朝青龍が負けたことなんて横綱になって一度もないだろう。
優勝争いは栃東が1敗、白鵬と北勝力が2敗、琴欧州と朝青龍が3敗。残りはあと2日、明日の朝青龍は琴欧州と、栃東は北勝力と対戦。朝青龍は昨年、唯一2敗している琴欧州との対戦なだけに痛めた右腕でどれだけ戦えるだろうか。負けるはずないと思っていたディープインパクトが負けた。昨年、全場所優勝の朝青龍も負けてしまうのか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする