【大相撲春場所】 冷静だった栃東と熱くなった白鵬

「一皮むけた白鵬」と言ったとたんに冷静さを失って栃東に自分の相撲を取らせてもらえないまま押し出されてしまったね。これで、目が覚めただろうからもう一度冷静になって相撲を取ってほしいね。栃東は“らしい相撲で”押し出した。立ち会いで低くあたり頭を上げずに押っつけて押っつけて相手が嫌がって引いたところを一気に押し切った。この相撲が取れれば強いのだろうが、今場所は何度か根負けして頭が高くなっていたね。優勝争いからは一歩後退しているけど3敗ならまだチャンスは十分。今場所の朝青龍は何か変だ。仕切りでの気迫が足りないのとスピードがない。もしかするともう一敗ぐらいはするかもしれないな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする