2006年5月 2日

藍ちゃん、涙の分だけ強くなれ

ギン・クラブズアンドリゾーツ・オープンの宮里藍は初日から快調にスコアを伸ばして最終日は3打差の2位スタート。初優勝が近づいた瞬間に試練が待ち受けていたね。出だしからミス、ミス、ミス。ボギーが先行してスコアが伸びない。バーディーをとってもパットが入らない。宮里には珍しい3パットもあった。試合を重ねるごとにショットの安定性はでてきたがパットのミスはなかなか治らない。それでも、着実に賞金順位を上げているのだからそのうち優勝出来るだろうね。

試合後は悔しさに号泣して記者会見は中止。どんなときでもインタビューを受けていた彼女だが余程悔しかったのだろう。それに、涙で腫らした顔を見せたくはないだろう。まだ、20歳の女の子なんだからね。

宮里藍ニュース(sanspo.com)
LPGA.com

at 12:14 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。