【全米OP】難コースにタイガー・ウッズが予選落ち

ワールドカップを見ようと思って早起きしたら地上波での中継がない(゚O゚;。それならばと全米オープンをみるとタイガー・ウッズは6オーバースタート。上位が伸びていないので巻き返しに期待して見ていたけど、ティーショットでボールがフェアウェイから外れてラフへ。何とかリカバリーしながらラウンドしていたけど右に左に曲がるのは修正出来なかったね。結局、12オーバーで予選落ち。ラフが深いのとグリーンがうねって難しいのとでアンダーパーが出ない。どの選手も呆れるほどにボギー連発で苦しそうだったね。日本人では今田竜二がかろうじて予選突破。ショットは安定していたのであとは得意のパッティングで少しでも順位を上げて欲しいね。
Official Web Site Of The 2006 U.S. Open
tv asahi sports | 全米オープン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ウッズ、初の予選落ち「父の日」飾れず 全米オープン第2日

    ウッズ、初の予選落ち「父の日」飾れず 全米オープン第2日
    09:59 共同通信
     男子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米オープン選手権は16日、当地のウイ…