『アヒルと鴨のコインロッカー』 伊坂幸太郎

アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂 幸太郎
東京創元社 (2003/11/20)

吉川英治文学新人賞を受賞した人の作品は何故か好きになることが多いと言うこともあり読んでみた。『アヒルと鴨のコインロッカー』というなんともヘンテコなタイトルが付いているが、内容もちょっとヘンテコ。登場人物が全て個性的で会話が面白い。現在と過去の話を上手くリンクさせているので途中で謎が解明した時は「やられたぁ」と思ったね。最後まで読んで思ったのは喜怒哀楽の表現が希薄なところかな。悲しいはずなのにそうでもなくて、激しく怒るところなのに淡々として。これが、伊坂幸太郎の持ち味というのならそれはそれで面白いのかもね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする