【大相撲秋場所】白鵬、横綱への重圧

 今場所は横綱昇進が掛かっていた白鵬だったが序盤で3敗して横綱昇進はほぼ絶望的になった。13勝すれば昇進も、という話だったが横綱昇進の重圧からか白鵬本来の相撲が取れていない。昨日の雅山のと取り組みは張り手の応酬から最後はすくい投げで勝った。らしさがないかわりにがむしゃらに相撲を取っているのはいい。大関と言っても精神的な部分ではまだまだ。どっしり構えて呼び込むのではなく、自分から積極的に攻める相撲がみたいね。
 期待の稀勢の里はここまで白星先行。横綱、大関との対戦では2勝3敗で朝青龍と白鵬に土をつける金星。これからは下位の力士との対戦なので取りこぼしの無いように頑張ってもらいたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする