『タイガー・ウッズ―伝説の序章』

タイガー・ウッズ―伝説の序章
ティム ロザフォート Tim Rosaforte 三田村 昌鳳
青山出版社 (1997/04)
売り上げランキング: 1,666,443

 この本を読むと現在のタイガー・ウッズの強さがよく分かる。小さい頃から父アールに徹底的に精神力を鍛えられ、天才少年ゴルファーとして注目を浴びてからは常にメディアとの戦い。類い希な身体能力に強い精神力が加わってここまで活躍を続けているが、アマチュアからプロに転向する時期には人種差別問題に直面したり、タイガー・ウッズがプレーすることで興行収益があがりその為に休めない時期があったりと誰よりも強いけど誰よりも忙しく時間がない生活を送っていたことが分かる。それでも、勝ち続けているのだから凄い。
 2004年は米ツアーで1勝しかできなかったが、2005年は6勝して賞金ランキングも1位に返り咲き、今年は5月に最愛の父アール氏が亡くなり精神的にどん底にあり6月の全米オープンは予選落ち。7月の全英オープンでは涙の優勝。そして8月の全米プロも勝った。9月の段階で7勝と父の死を乗り越えたタイガー・ウッズはもっと強くなって帰ってきた。ジャックニクラウスが持つメジャー18勝を抜くのは間違いないだろうし、あと10年はタイガー・ウッズの時代が続くような気がする。
タイガー・ウッズ オフィシャルウェブサイト – Home

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする