タモリ倶楽部 『空耳アワード2007前編』

 テレビ朝日のご長寿番組『タモリ倶楽部』。中でも「誰が言ったか知らないが、言われてみればそう聞こえる。空耳アワーのお時間です。」で始まる「空耳アワー」のコーナーはいつから始まったかわからないぐらい前からやっている(もしかしたら、放送当初からかも)。この空耳アワーの2006年の作品138本の中から頂点を決める空耳アワード2007(前編)を昨日みましたが、なかなか秀作が揃っていますね。空耳の面白さはどう聞こえるかというのもあるけど映像とのマッチングがポイントとなるんだよね。特にバカバカしさと、エロさが満載で笑えるのがいい。今回放送された中では女性の胸のアップから、彼女が池にパンくずを投げ入れ、そうしてどうなるかと思えば「鯉の争い、奪い合い」と、想像をかき立てて尚かつ笑える空耳がいい。
 昨日の前編ではこれまでのジャンパー作品(タモリが最高にいいと認めた作品)も放送。僕も見たことあった作品が出てきて笑えたね。今回放送された以外にジャンパー作品がないか YouTube で探してみましたが、几帳面なかたがアップしてくれていました。下の映像は1回の放送でジャンパーが2つもでてしまった空耳です。どちらも笑えますぞ。

 YouTube – 空耳アワージャンパー作品
 YouTube – 空耳アワー
【タモリ倶楽部についてのブログ】
チミンモラスイ?:タモリ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Chris Peppler Official Blog より:

    空耳アワード2007の収録でした。

    こんにちは、クリスペプラーです。 先日はテレビ朝日『タモリ倶楽部 空耳アワード2007』の収録でした…