2007年3月13日

【男子ゴルフ】マナーが悪ければ罰金だ

 男子ゴルフの日本ゴルフツアー機構(JGTO)は12日、都内で定例理事会を開きツアー選手のルール、マナー違反を取り締まる「懲戒・制裁規程」の改正案を承認した。昨年の「スコア改ざん事件」など、相次ぐ不祥事に対する批判や反省を受け、従来の「懲戒規程」をより厳格に細分化。違反の程度や内容に応じ、厳重注意から罰金、除名までの処分を科すことになった。nikkansports.com

 罰則の内容は「クラブを叩きつける」「ホール内の禁煙」「ロッカーでゴミを散らかす」などマナー面での罰則が多い。「クラブを叩きつける」はちょっと行き過ぎのような気もするがマナーが悪い選手が多いから仕方がないのだろう。「ホール内の禁煙」はもっと早く実施すべきだと思っていた。いろんなスポーツを見ていてもプレー中に喫煙をしているのはゴルフぐらいなもの。特に嫌だったのがジャンボ尾崎がティーグラウンドで煙草をふかしているシーンをテレビで見たときだった。最近は男子ゴルフをテレビで見る機会がないけど、丸山茂樹もコースを咥え煙草で歩いているのを見たことがあったけどあれは嫌だったな。これでマナーが良くなるとは思えないけどね。


at 12:27 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。