『パーフェクト・プラン』 柳原 慧

スポンサーリンク
宝島社文庫「パーフェクト・プラン」
柳原 慧
宝島社 (2005/01/15)

 代理母、幼児虐待、オンライントレード、株価操作、クラッキング、2チャンネル、ES細胞、美容整形と豊富なネタを取りそろえているけどどれも中途半端で仕方がない。登場人物が多くて、どの人物にもそこそこ力を入れて、だからといって人物描写が巧みではないので全体像がボケてしまっている。
 第2回『このミステリーがすごい!』大賞ということで楽しみにしていたが全然すごくないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする