北方謙三のハードボイルド『明日なき街角』

スポンサーリンク

 北方謙三氏の作品はこれまで時代物しか読んだことがなく、今回初めて現代物の作品を読んでみた。主人公の哲二は小さな工場で毎日決められたとおりに螺旋を切っているが、その裏では薬物の運び屋として生きている。哲二は21歳という年の割には老成しているようなところに不自然さを感じたが、若さ故の暴走や固執みたいなところは読んでいて面白い。取引先の男と緊迫する場面は余計な描写をせず、“間”だけで読む方に緊張を与える。この辺は『日向景一郎』シリーズで感じたのと同じだった。
 明日なき街角

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする