『北の狩人(上・下)』 大沢在昌

 新宿を舞台にした警察とヤクザと台湾マフィアとの話だが、新宿鮫とは違ったテイストのエンターテインメントで面白い。主人公は若くて気持ちが真っ直ぐな青年。鍛えられた身体で機敏な動き。それなのに格闘シーンが少ないのはちょっと残念かな。話が2転3転してバラバラだった人間関係が徐々に結ばれていくのは大沢在昌ならではの分かりやすい手法。分かりやすいだけにスピード感があっていいんだな。主人公がなかなかいいキャラクターなので続編を期待したいところだけど、最後の締めの部分を読む限りこれ1本で終わりかもね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする