2007年12月16日

FCWC 浦和レッズがPKを制して世界3位に

 浦和レッズとエトワール・サヘルの3位決定戦は2-2で試合終了。延長なしのPK戦となって浦和レッズは4人が決めたが、エトワール・サヘルは最初に外し、4人目を都築が止めて勝負あり。晴れて浦和レッズが世界3位になった。

 試合が続いて立ち上がりは動きが悪かったが、PKで先制されてからは動きが違った。ワシントンはマークが厳しかったが良く決めてくれた。エトワール・サヘルの2点目はもったいなかったが、勝ったからいいですね。おめでとう浦和レッズ!

at 21:43 | Football | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。