『微熱の街』 鳴海章

 粋星会の寺田政道(通称・寺政)は40歳半ばを越えても使いっ走りの延長のようなことをやっている。出だしは死体の処理から始まるのでどんな話か見当がつかなかったが、テロとか過激派とかきな臭くなってきた辺りから裏が読めてきた。寺政は酒に溺れるだらしないヤクザだがどこか憎めない。そういう所に作者の優しさを感じるね。寺政の相棒は日系ブラジル人の扶利夫。この男のキャラがなかなか良い。ハードボイルドとはいかないが、最後のどんでん返しはなかなかでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする