2008年2月18日

【米女子ゴルフ】明暗を分けた開幕戦

 今年から米女子ツアーに参戦した上田桃子が開幕戦でいきなりみせてくれた。初日こそペースがつかめなかったようだが、最終日は3位スタートでしかも最終組。女王ソレンスタム一緒に回り一時はトップに並んだ。結局、後半崩れて5位になったが最終日に最終組で回って5位なら立派。コンディションは100%ではないだろうが、持ち前の強気のゴルフがいい結果をもたらしたんだと思う。この調子なら米女子ツアー初参戦で初優勝も近い?でも、日本とはレベルが違うので簡単には優勝は出来ないでしょう。でも、活躍してくれるとうれしいですね。

 一方、昨年は不調だった宮里藍は今年もよくないのか予選落ち。ドライバーの調子はよくなってきたと新聞紙上には書かれていたが、予選落ちということは他に調子が悪いところがあるのか。ドライバーがいいときはパットがダメというのでは完全復調とは言えない。道具のせいにしてはいけないと思うけど、道具を変えることでゴルフが変わることもあるからね。早く調子を取り戻して藍ちゃんが活躍する姿を見たいね。

at 18:55 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。