『古着屋総兵衛影始末 1 死闘』 佐伯泰英

 古着屋総兵衛影始末シリーズの第1巻です(全部で11巻)。佐伯泰英氏は時代劇娯楽エンターテインメントという感じの作品が多く、この作品もファンの多いシリーズだと思う。主役は徳川家康より秘密裏の役を仰せ付かった鳶沢成元の6代目鳶沢総兵衛勝頼。表の顔は江戸富沢町の古着問屋・大黒屋の当主。
 第1巻の死闘では富沢町総代の大黒屋をつぶそうと我策する同じ富沢町の古着問屋・江川屋の当主。しかし、その裏にはもっと大きな存在がいる。エンターテインメントとらしい、正義と悪がはっきりしているのが面白く、鳶沢一族と幕府の重鎮との戦いは読み応えがある。テンポがよくて、どんどん読めてしまう時代劇ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする