2008年3月17日

【女子ゴルフ】不動裕理がプレーオフを制す

 アコーディア・ゴルフレディスは2日目トップのウェイ・ユンジェが逃げ切るかと思えたが、不動裕理がバーディーラッシュで16番で逆転。だが、17番でウェイ・ユンジェも維持を見せてバーディーで追いつくと18番はお互いパーでプレーオフに。そして、プレーオフ3ホール目でウェイ・ユンジェは短いパーパットを外し、不動はパーパットを沈めて勝負あり。

 久々に不動裕理が勝ったけど昔の凄みが無くなったね。丸くなったというか、弱くなったというか、プレーオフに入る前の18番ではラインを見せてもらったのにショートしていた。以前の不動裕理だったらパーセーブできなくてもショートすることは無かったよな。もしかしたら、久々に優勝がかかったパットでしびれたかな。

 若手が活躍するのもいいけど不動、大山の二人が活躍してくれてこそ女子ゴルフは面白くなると思うんだよね。

 LPGA :: 日本女子プロゴルフ協会

at 18:02 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。