【女子ゴルフ】横峰さくらが18番でまさかのダボ

 ヨコハマタイヤPRGRレディスは2日目トップの横峰さくらと韓国の申智愛の一騎打ち。16番で申智愛がドライバーを曲げてOBにして2打差。これで、勝負ありと思ったら横峰さくらが18番で短いボギーパットを外した。まさか外さないだろうと本人も誰もが思ったパットを外したから唖然とした。プレーオフに入ってもなかなか決着がつかず4ホール目で申智愛がバディーを決めて勝った。
 横峰さくらにとっては悔やんでも悔やみきれないパットになってしまったね。勝てる試合を勝たないと駄目だな。
 LPGA :: 日本女子プロゴルフ協会

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする