【大相撲春場所】勝ちを急いだ白鵬

 千秋楽、優勝を賭けた朝青龍と白鵬の一戦は朝青龍が小手投げで勝った。立ち会いはほぼ互角でお互いに下手だけで上手の探り合い。白鵬は身体を左右に振って馬力で朝青龍を押していくがちょっと攻め急いだ。朝青龍としては押されて嫌な感じがしただろうか右をしっかり捕まえていたので白鵬の勢いを左に逃がして一気の小手投げ。白鵬としては、いつもは簡単に押すことができない朝青龍を押し込めたもんだから一気に行ったけど、ちょっと勝ちを急いだ相撲だった。もう少し万全の体制でジワジワ押せたら勝っていただろう。
 白鵬ファンとしては朝青龍が勝ってはつまらないな。それに、稀勢の里も負けちゃったし・・・。
 goo 大相撲

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アドリブで朝青龍を表彰した橋下知事

    横綱同士の相星決戦で迎えた千秋楽は、朝青龍が小手投げで白鵬を破り、22回目の優勝を果たした。勝負はあっけなくついた。
    朝青龍は批判の声を跳ね返すため…