『夏日』 鳴海章

 これは著者・鳴海章の自伝的小説である。今から23年前の大学3年の時のひとこま。おんぼろアパートの下宿先で鬱屈した生活を送っていた野月。彼が送った日々を淡々と書かれているところが、いかにもその時代の一瞬を切り取ったような感じがした。この時代、東京で大学生活を送っていた人にとっては懐かしい光景よみがえって来るのでしょうね。
夏日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする