2008年5月21日

中国滞在 7日目 哀悼の意を表する

 19日より3日間、中国では地震が発生した2時28分に地震で亡くなられたの為に哀悼を捧げる黙祷が行われました。僕も出張先の会社でその時間は黙祷をいたしました。ニュースでも流れていましたが、空港でも駅でも道路でもその時間は黙祷をしていました。

 移動時間にラジオで黙祷のことを流していましたが(現地の人に訳してもらって)、車に乗っている人はその時間になったら車を降りてクラクションを鳴らし続けてくださいと言っていました。実際に黙祷を捧げる時間になるとあちこちでクラクションが鳴ったり、会社のサイレンを鳴らしたりしていました。

 この瞬間に中国にいたことは一生忘れないでしょう。僕にとっては中国の人々はいい人ばかりだったので、良い出張になりました。


at 00:26 | OTHERS | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。