『ふたり道三』 宮本 昌孝

 タイトルを見ると齋藤道三を描いたのだろうと想像がつくけど、読み始めて誰の事を書いているのか分からなくなった。物語は刀工・櫂扇派を継承したおどろ丸が刀鍛冶青江派の裏青江衆に襲撃されるところから始まる。前半はおどろ丸の物語で、名を次々と変え斉藤性に変えたところで斎藤道三の父親と分かった。後半はおどろ丸の息子・庄九郎の出世物語だが父親とは対照的な性格と、サブキャストが充実しているので飽きず一気に読めてしまった。織田信長の義父が斎藤道三だから、それを考えるとおどろ丸の性格は隔世遺伝で信長に引き継がれた感じもある(勝手な想像で)。そういうことを考えながら読んでもこの作品は面白い。
ふたり道三〈上〉 (新潮文庫) ふたり道三〈中〉 (新潮文庫) ふたり道三〈下〉 (新潮文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする