iPod は同期しないようにしました

 iTunes を立ち上げて iPod を接続すると同期をとるかと聴いてくる。ここで、同期を取ってしまうと iTunes に入っている曲を丸ごと iPod に移されてしまう。しかも、 iPod は8G(実質7.4G)で iTunes には10G以上入っているので曲は全て入らない。これからも曲は増えてくるのでこれでは不便になってしまう。普段、聴く曲は決まっているので必要な曲だけを入れた方がいい。
 iPodを接続する前に iTunes の設定で同期中タブの「すべてのiPhoneとiPodの自動同期を無効にする」にチェックを入れ、iPodを接続して同期を取るかと聞いてくるので取らないことに。あとは、iTunesの中から聞きたい曲をiTunesの画面左のiPodのところにドラッグ→ドロップするだけ。iPodの中でいらない曲を削除するときは曲を選んで右クリックメニューから削除を選ぶだけ。
 8Gは2000曲入るとうたっているけど、入れてみるとそれほど入らないですね。iTunesからiPodへの転送速度の早さに驚いて次から次へと転送させたら1600曲ちょっとで残り700MBになってしまった。調子にのって転送させたけど、聞かない曲もあるので徐々に整理しなくては。転送が楽なので、削除はしやすいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする