2008年10月18日

秋の夜長は競馬予想を 秋華賞

 競馬は秋のG1シーズンに入りましたね。この季節はG1だけではなくてG1に出走するためのステップレースも楽しめる。

 今週は3歳牝馬だけのレース。前哨戦のローズSは伏兵のマイネレーツェルが勝って大荒れ。それでも、前売りオッズでは桜花賞馬レジネッタ、オークス馬トールポピーが人気。僕は競馬新聞を買わないので、競馬新聞やスポーツ新聞などの紙面上の予想がどうなっているかわからない。人が付けた印を参考にするのもいいが、自分で予想する方が楽しい。今はJRAが重賞レースのリプレイを見られるようにしてくれたのでそれを利用しない手はない。

 JRAのホームページに行くとトップに秋華賞のニュースがあるのでそれをクリック。すると秋華賞特集のページに移動。このページには出馬表もあり印刷も出来るので競馬新聞がなくてもプリントアウトすればOK。このページの『GⅠへの道』というページを開きそれぞれのレースをクリックするとその結果が見られてレースリプレイも見ることが出来る。

 競馬の楽しみは人ぞれぞれだが僕は予想するのが楽しい。そして、馬券を買ってドキドキしながらレースを見るのがいい。レースは2分前後で終わってしまうが、予想はたっぷり時間を掛けることが出来る。読書の秋、味覚の秋などと言われるが競馬好きにとっては競馬の秋も付け加えたい。

 では、明日行われる秋華賞だがどの馬が一番強いのだろうか。強いと言えば桜花賞やオークスなどG1(正式にはJpnⅠ)を勝った馬が強い。しかし、競馬は生き物でレースの流れや馬場状態で着順が入れ替わる。ディープインパクトのようにどんな流れでもどんな馬場でも勝ってしまう馬は何十年に1頭しか出てこない。凱旋門賞に挑戦したメイショウサムソンも負けるし、牝馬でダービーを勝ったウオッカさえも牝馬限定戦で負ける。だから、人気はなくともチャンスがある馬は何頭かいる。

 これまでいろいろと調べた結果、秋華賞は先行・差し馬が有利、内枠よりも外枠が有利、ステップレースはローズS、と言ったところかな。僕はレジネッタ、エフティマイア、マイネレーツェル、レッドアゲート、オディール、メイショウベルーガの中から3頭を選んで馬券を買いたいと思っている。

at 20:32 | 競馬 | Comments [0] | TB [1]


このエントリーのトラックバックURL:

トラックバック

[競馬]混戦の秋華賞 from Hiro's - Blog
今回の競馬は秋華賞スカーレット-ウォッカで予想が比較的容易だった昨年と違い、今年は混戦です◎5  エフティマイア    G1馬の影に隠れてますが、実力は確... [続きを読む]

Tracked on 2008年10月18日 22:33




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。