探偵小説「後ろ傷」と「サニーサイドエッグ」

 「後ろ傷」は東直己氏、「サニーサイドエッグ」は荻原浩氏の作品。この作品の共通点は探偵が主役でおやじギャグ満載。しかも、どちらも続編なので最初の作品を読んで面白いと感じた人は2度目も楽しめます。退屈しのぎにはぴったりかもしれないけど、作者の自己満足的な部分があるような気がしてちょっと疲れてしまった。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする