日本シリーズ第1戦 涌井の完璧なピッチング

 今年の日本シリーズは最初からじっくりと見ました。上原と涌井の投げ合いは一発にないた上原の負け。逆に涌井は相手に的を絞らせない見事なピッチング。緩いボールを有効につかって相手に自分のスウィングをさせなかった。ジャイアンツの原監督は何の策もなくダラダラと回を重ねて負け。打てないのであればセーフティーバントとか何か策を弄してもいいと思ったけど、今年のジャイアンツはそれが出来ないのかな。
 打線を見るとジャイアンツは3、4、5番だけしか得点が取れそうにもない。西武は1番から5番までにいい選手が揃っているので西武が有利に感じた。果たして2戦目はどういう結果になるのやら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする