日本シリーズ第3戦 ガッツ小笠原

 巨人の小笠原はシリーズ第2戦に左手にデッドボールを受けたが、第3戦にも出場。そして、ホームランを打った。左手はもともと負傷していたが、そこにデッドボールですから本来ならば休んで治療する必要がある。それなのに出場するとはガッツが無ければ出来ない。小笠原の相性「ガッツ」は本物だね。ガッツが頑張るから巨人の選手も頑張るような気がしてならない。特に4番ラミレスはね。
 西武は4番中村からようやく一発がでた。西村の失投を見逃さなかったのはさすがですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする