日本シリーズ第5戦 涌井が自滅で巨人が逆転勝ち

 7回の涌井はどうしちゃんたんでしょう。緩急を上手くつかって巨人打線を翻弄していたのに、7回だけストレートが多かったような。しかも、コントロールが甘くなっていましたね。ラミレス、阿部は仕方がないにしても亀井に対する投球は完全に熱くなっていた感じですね。冷静にみえても若さが出てしまったかな。まあ、キャッチャーが細川じゃないというのも大きかったかも。
 第6戦は西武にとっては正念場。キャッチャー細川が出場出来ないようだとピンチですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする