2009年1月12日

必殺仕事人2009スペシャル

 ようやく『必殺仕事人2009スペシャル』を見ましたよ。2007年にスペシャルドラマとして復活した必殺仕事人は藤田まことさんはそのままの中村主水として登場しましたが、あくまでも脇役で主役は少年隊の東山紀之。中村主水と同じで昼はていたらくで夜は仕事人として暗躍。

 今回のスペシャルも2007年と同じキャストというのが良かった。また、世知辛い世の中ですからこういうドラマがいいんですよ。ストーリーとしてはお先真っ暗の老人問題を取り上げ、きれい事だけでは何も解決できない。また、出世の為には悪の手も借りてしまう。という感じの流れ。

 仕事人のメンバーは藤田まこと、東山紀之、松岡昌宏、大倉忠義、和久井映見。松岡昌宏演じ経師屋の涼次と同じ忍びのた玉櫛が殺されてしまったのはちょっと残念でしたが、妹の如月が新たなメンバーに加わった。

 スペシャルのゲストは東山紀之演じる渡辺小五郎と剣術時代の幼なじみの権藤伊左衛門役の沢村一樹。この権藤伊左衛門が大食いでとろろ飯を何杯も食べるシーンをみて僕もとろろ飯が食べたくなって、自分でとろろを擦ってとろろ飯を食べてしまった。悪役で出てきた丹古母鬼馬二さんは相変わらずいい味だしていますね。時代劇では欠かさない悪役ですから嬉しい演出でしたよ。

at 23:47 | テレビ | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。