2009年4月11日

マスターズ2日目 片山、今田は予選通過も石川遼は予選落ち

 マスターズ2日目は風がふいてなかなかスコアが伸びなかった。日本勢では片山晋呉と今田竜二が予選通過。片山晋呉は我慢のゴルフでスコアを落としながらも最終18番でバーディーをとって通算4アンダーの7位タイ。今田竜二は後半スコアを落として18番では予選通過をかけたパーパットを見事沈めて予選通過。石川遼は残念ながら16番でダブルボギーを叩いて予選落ち。

 15番まで1オーバーだったからそのまま我慢できれば予選通過出来たのに16番のバンカーショットでピンから遠くに外してしまい、このコースをダブルボギー。緊張の糸が切れたのか17番でもダブルボギー。ラウンド後のインタビューでは顔色も悪く、相当ショックだったことが伺える。そりゃ、予選通過出来れば見ている僕らも楽しいけどマスターズですからね。アーニー・エルスやレティーフ・グーセンも予選落ちですから、技術だけではなく精神的にも経験が合っても予選を通過するのは難しいのがマスターズ。17歳でマスターズを経験できたのは石川遼にとって何よりの財産になる。今年1年、いい成績を残さないと来年のマスターズには出られないから今後の試合を頑張って欲しい。伸びしろがあるだけにどこまで強くなるのか楽しみだね。

 The Official Site of the Masters Tournament
 TBS「マスターズ2009」

at 14:08 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。