ゴールデンウィークは海南島に行ってきました

 5月3日から6日までの3泊4日で中国・海南省・海南島に行ってきました。海南島は東洋のハワイとか呼ばれていているリゾート地。ハワイと同じ緯度に位置しているので年間を通して温暖な気候だし、元は軍事施設しかなかったような島なので工業施設はない。そのおかげで島は汚れていない(町中は車やバイクが多いので空気は悪いです)。島の大きさは九州と同じぐらいの面積。人口は840万人前後(ガイドによって言うことがまちまち)。町中は観光で潤っているのかマンションがばんばん建っていました。
 僕らが行ったのは海南島のリゾート地区三亜市。三亜市には三亜湾、大東湾、亜龍湾と3つの湾に面してリゾートがある。そして、僕らが泊まったのは亜龍湾にあるSanya Marriott Resort & Spa(三亜家化万豪度假酒店)。ホテルは彼女が決めたので僕にはよく分からないのですが、結構いい値段したようです。でも、隣のThe Ritz-Carlton, Sanyaに比べたらだいぶ安いですからね。
 海南島3泊4日ですが、2日間は移動で潰れてしまうので、行動できるのは2日間だけ。この2日間をどう使うかは全く決めずに行きました。滞在初日は午前中ホテルのプライベートビーチで過ごし、午後はエステと三亜市内で海鮮料理を堪能。滞在2日目は午前中ホテルのプールとビーチで過ごし、午後は水晶博物館、フィッシュセラピー、市場散策と買い物、食事は彼女のリクエストで鮑を食べて来ました。
 たった、2日間だけの滞在でしたが内容の濃い旅行でしたね。それと、現地の中国人ガイドが日本語が上手なので安心して旅を楽しめました。特にお買い物の時の交渉にはさすが中国人同士といった感じのやりとりで、最後のひと押しに彼女のお願い攻撃でだいぶおまけしてもらいました。
 気候がいいのは当たり前ですが、海がきれいなのと食事が美味しいのでまた行きたいですね。ハワイもいいけど、海南島の方が食事がいいから僕は海南島の方がいいかな。
海南島旅行

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする