2009年5月22日

春のG1予想 オークス

 今週末はオークスですね。今年はブエナビスタという強い馬が出てくるので軸選びは既に終わってしまいましたが、相手が難しいですね。桜花賞上位馬をそのまま信じていいのか、それともヴィクトリアマイルやNHKマイルカップのように穴馬が突っ込んでくるか。

 ブエナビスタ この馬が本命でいいでしょう。強さは別格だと思っています。初の2400m戦になりますが、折り合いに心配がないので距離はもつと思う。ただ、ペースによってはじっくり構えるとチューリップ賞の様なヒヤヒヤしたレースになるかも。枠順はいいところなので、前半は馬郡の中で折り合いをつけ、直線に向いて外に出して脚を伸ばすような形だと思う

 レッドディザイア 桜花賞で見せたパフォーマンスには驚きましたね。レース3戦目であれだけの競馬をしたのですから、ここも期待してしまいます。でも、切れるだけに過信は禁物。また、レース経験が無いので揉まれた時がちょっと心配。

 ジェルミナル 桜花賞では控える競馬になったが、ペースが緩いオークスなら前に行けるはず。祐一が変に控えたりしなければいいレースをしてくれると思うんですよね。詰めが甘いタイプなので早めの競馬が理想だね。

 ダノンベルベール 桜花賞では珍しくうるさかった。しかも、栗東に早くから滞在していたのにマイナス8キロ。桜花賞は先行馬には厳しいレースだったし、トラックバイアスも合ったからね。折り合いが付いて先行力がある馬なので体調さえ万全であれば見せ場はあると思う。鞍上が後藤浩輝なのであっという場面も考えておいたほうがいいかも。

 ヴィーヴァヴォドカ 桜花賞では逃げられなかったですね。しかし、今度は内枠を引いたし行くことになると思う。フラワーカップではディアジーナを押さえ込んでるし、ここに入っても見劣りはしない。先手をとれる馬なので自分の競馬に徹する事が出来れば面白いレースになるはず。血統もダンスインザダーク×トウカイテイオーなので東京競馬場は悪くないでしょう。

 ハシッテホシーノ 話題先行型に見えるけど500万下のレースがよかったのでフローラSも期待していたんですね。決め手があるタイプではないのでフローラSでは上位2頭に敵わなかったが、時計の掛かる馬場になって上がりが掛かるようだと面白い。

 ワイドサファイア エルフィンSではレッドディザイアと同タイム、毎日杯では青葉賞を勝ったアプレザンレーヴとコンマ1秒差。この馬も決め手では劣るだけに距離延長は歓迎タイプ。鞍上は乗れている岩田康誠なので気になる存在ですね。

 ブロードストリート チューリップ賞で桜花賞の出走権を手に入れられなかった馬。桜花賞当日はわすれな草賞(残念桜花賞)に出走して2着。オークストライアルのスイートピーSに出走して1着。チューリップ賞では2人気に推されたほどで、その後の成績をみても納得出来る馬だと思う。裏街道からの出走だが、着実に力を付けているから楽しみが多い。

 オークスはGrey Sovereign系が強いレースなので母父にGrey Sovereign系が入っているブロードストリートとハシッテホシーノに注目しています。

at 14:50 | 競馬 | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。