2009年6月 6日

春のG1予想 安田記念

 今年はウオッカとディープスカイというダービー馬2頭が出走。実力的にはこの2頭が抜けているけど、馬場が悪いですからね。僕はいつものように外国馬狙いになると思います。

 ウオッカ
 昨年の覇者でダービー馬で天皇賞馬。牝馬と言ってもこの馬の強さは別格ですね。今回は2枠3番という最高の枠を引き当てたけどなにせ馬場が悪い。特に内はだいぶ踏まれているので荒れているでしょうね。先行力があるので早めの競馬から馬場のいいところに出してくると思う。武豊が変に控えなければいいけどね。

 ディープスカイ
 天皇賞秋では好位からの競馬をみせているから、控えることはしないと思う。今の馬場では後方にいるのはリスキー。ウオッカを見る位置で競馬をして、直線は叩き合いで競るような形に持って行くと思う。馬場適正があるかどうかは分からないけど、大丈夫じゃないかな。

 サイトウィナー
 香港馬はチャンピオンズマイルを使って安田記念に出走するのがローテーション的にベスト。前走は稍重で、直線しぶとい伸びを見せているように時計の掛かる馬場は合っていると思う。問題は外枠だな。

 アルマダ
 昨年の2着馬。昨年はこの馬のおかげで馬券を取ることが出来ました。安田記念以降はパッとしない成績ですが、大きく負けていない。香港マイルではスーパーホーネットと同タイム。8歳馬だけどレース数は使われていないし、まだやれると思っています。

 スーパーホーネット
 そろそろG1の勲章が欲しい所だけど、どうだろうか。同じような脚質の馬がおおいですからね。

 ローレルゲレイロ
 高松宮記念を逃げ切ってG1初勝利。自分の競馬に持ち込めばしぶとい馬だけど、この枠が不利だね。行きたい馬はコンゴウリキシオーだけど、山内研二厩舎なので控えてくれるかな。それとも、鞍上に地方の戸崎圭太を配して来たから行かせるかな。う~ん、難しいね。

at 16:33 | 競馬 | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。