2009年9月20日

『菜種晴れ』 山本一力

 房州の菜種農家に生まれた二三は、五歳にして遠縁にあたる江戸の油問屋の跡取りに望まれた。ふた親きょうだいとの涙の別れ。江戸に着いた二三を待ち受ける、新しい母、大店のお嬢としてのしつけ、町のしきたり。泣くのはひとりの時だけと心に決め、二三は新しい暮らしを気丈に受け入れていく。ある日二三は、郷里の母に仕込まれたてんぷらを新しい両親にふるまうことになった...。ふたつの故郷に育てられた少女の成長と活躍。涙のち爽快、人情時代小説。

 相変わらず泣かせてくれます。二三の人生は不幸の連続で、それでも健気に生きていく姿は涙なくしては読めない。涙もあるけど、天ぷらのシーンは生唾ものです。この本を読むとエビ天が食べたくなります。

at 20:58 | BOOK | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。