『ブルー・ローズ』 馳星周

 馳星周らしいノワール作品でした。前半は元刑事の徳永が警察官僚から失踪した娘の捜索依頼を受けて密かに調査。その過程で失踪した原因はSMクラブが絡んできている。単なる探偵小説もどきかと思いきや下巻に入るとこの徳永が壊れていく。事件の真相よりも徳永が壊れていく過程が馳星周らしい。
 新しい試みをしているように感じた作品。それだけに、物足りなさと、無理矢理な展開に呆れてしまったり・・・。


 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たぬき親父 より:

    >それだけに、物足りなさと、無理矢理な展開に呆れてしま>ったり・・・。
    同じだわ~。ラストが「なにこれ?」って終り方だったw
    この手の生臭い作家なら、オレは新堂冬樹のほうが
    好きかなぁ。
    ハセベバクシンオーも好き!

  2. のび太 より:

    > 同じだわ~。ラストが「なにこれ?」って終り方だったw
    だよね。昔の方がよかったんだよな。
    まるっきり違う展開なら良かったけど、ノワールだからね。
    > この手の生臭い作家なら、オレは新堂冬樹のほうが好きかなぁ。
    おお、何冊か読んだことがあるけどタイトルと中身が違うのに笑った覚えがあるよ。生臭さはあるけど、彼のほうがまとまりがあるかな。