『終の住処』 磯崎憲一郎

スポンサーリンク

 妻はそれきり11年、口を利かなかった―。芥川賞受賞作「終の住処」


 妻が口を利いてくれないと夫は妄想を働かせて、疑心暗鬼になるのか?口を利かないというところから出発しているので主人公の妄想が先走るのは当然で、まあなんてことない内容だと思ってしまった。僕にはこの小説の良さが分かりませんでした。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 日常の

    小説「終の住処」を読みました。
    著書は 磯崎 憲一郎
    第141回芥川賞受賞作
    やはり 純文学は難しいというか
    全部 つかみ取れなかった感じがしますね…