2009年10月12日

月島で海鮮もんじゃとビストロでワイン

 先週の金曜日の夜によしまめと会ってきた。事前に東京に来ることが分かっていたので何が食べたいか聞いたところ「東京の名物と言ったらもんじゃが出てきた」と言うことでもんじゃ焼きに決定。

 もんじゃ焼きと言えば月島ということで有楽町で待ち合わせて有楽町線に乗って月島に行ってきました。食べに行ったのは月島 海鮮もんじゃ 片岡というお店。僕ももんじゃ焼きは1回ぐらいしか食べたことがないのでお店の人に聞いて、メニューの一番上にある海鮮もんじゃにしました。

 もんじゃ焼き初心者と言うことでお店の人にやってもらうことに。エビと明太子を最初に取り出し、次に野菜などを鉄板の上にのせて、キャベツをヘラで細かく刻み、土手を作って、そこにソースを流し込む。しばらくしたらソースの中心に明太子を入れてばらす。そして、土手を崩して全体的に混ぜたらできあがり。

 小さいヘラですくって食べましたが、熱くて味が分からない。でも、ビールには合いますね。もう少し味が付いていてもいいかなって思いましたが、明太子が微妙に利いていて美味しかったです。もう一枚はみそ味のもんじゃを食べましたが、こっちの方が美味しかったです。

 「海鮮もんじゃ 片岡」さんは9時過ぎでオーダーストップなのでとりあえず切り上げて次に。もんじゃ焼きは満足したので月島をぶらりして入ったのは「月島 ビストロ」。こぢんまりとした店ですが、雰囲気がいいので落ち着きますね。生ハムとチーズを頼んでワインを飲みながら株や競馬の話をダラダラとしていました。


at 23:27 | グルメ | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。