『白夜行』 東野 圭吾

 主人公の2人は語らずに脇役の視点から見ている物語。それだけに、物語の核心に近づけず不思議な感覚のまま終わってしまった。文庫では馳星周が解説を書いているが東野圭吾ならではなのノワールだと思う。長い小説なので最初はピンと来ないが読み進めていくとのめり込んでしまう。今まで読んだ東野作品ではこれが一番かも。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする