『眩暈』 東 直己

 私立探偵・畝原シリーズ第7作目です。シリーズ第1作から読んでいますが今回は心が落ち着いて読むことが出来た。私立探偵・畝原シリーズは同時にいろいろな事件が起きるが最期はどこかで繋がっている。また、畝原の口調がなんとも言えず心が和みます。このシリーズは長く続けて欲しいですね。


  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする