『弥勒世』 馳 星周

 沖縄がアメリカから日本に返還される前後の話。それを、馳ワールドで書き尽くしている。沖縄がアメリカ統治だった時代はこんなのだったか。沖縄の人々はアメリカがあって生活が成り立っていたが、アメリカによって陵辱されていた。沖縄の人々の鬱屈した思い。どうにかして、アメリカに、この世の中に皺を入れたいと思う主人公。憎悪を溜め込んでそれを吐き出す時を待つ主人公。とにかく、主人公が憎悪の塊のような人間なので読んでいてこっちが疲れて来てしまった。どこまでがリアルなのか分からないが、追い込んで追い込んで来て最後のエンディングが・・・。でも、結構面白かった。
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 終の住処 磯崎 憲一郎

    第141回芥川賞 たまにある会話も改行無し。文字の行列。文字に押し出されるように読み進めると、いつのまにかエンディング。スタートから20年もの月日が流…