中国語教室6日目 非常好

 今日は1時限目も2時限目も男性の揚先生。今回で6回目の教室になるのでこの学院のやり方にも慣れてきた。日本語で詳しい説明をしてくれないのでとにかく予習と復習が欠かせない。
 発音も先生に従って読むだけ。間違っているところだけ指摘されて修正。テキストを見ながらだとピンインがふってあるので何とか発音出来るけど、テキストを見ないで先生に従って読むときは声調がバラバラになってしまうんだよね。
 それと、発音に必死で例題が何を言っているのかサッパリ分からない。それでも、発音だけは「非常好」を言ってくれる。
 揚先生はとにかく褒めてくれるので気分が良かったよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする