2011年3月13日

東日本大震災 3日目

 昨夜、震災のテレビを見ていたら連絡が取れない彼女の両親の事が心配になってきたので急遽日帰りで鹿嶋に行ってきました。停電している事は分かっているので、暖かい食べ物とおにぎりを作って持って行きました。

 首都高速は葛西ICで一旦下ろされて、湾岸市川から東関道へ。東関道では終点の潮来まで行きたいのですが、佐原香取IC-潮来IC間は通行止めという情報だったけどなんと通行止めが解除されていて潮来ICまで行けました。

 途中、通行止めの箇所があったり、停電で信号が消えていたところもあったけど特に渋滞もなく鹿嶋の両親のところに着いた。

 鹿嶋の家は確かに停電していた。家の中は片付いていたけど地震直後はタンスが倒れたり、食器棚から食器が落ちたりとかして大変だった。でも、家は問題なかったようです。

 帰りに元事務所のあった大田区に行ってきたが、こちらは埋め立て地と言うこともあり液状化現象のあとが残っていた。また、路面に小さなひびがいくつもあった。これが、東京湾が震源地だったらと思うと怖くなってきてしまった。


at 23:01 | 災害 | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。