東野圭吾「新参者」

 久しぶりに本を読んだ。図書館から連絡をもらい借りてきたのが東野圭吾の「新参者」。実はこの本の主役・加賀恭一郎はシリーズ化されていたんですね。独特の嗅覚で事件を紐解いていくので面白いキャラクターだなぁ~と思ったら加賀恭一郎シリーズの最新版というのをあとで知りました。
 日本橋の街を舞台に新参者の加賀恭一郎が事件の謎に迫る。なかなか面白いのでこれまで出版されているシリーズも読んで見たいと思った。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 楡周平「陪審法廷」

    楡周平著 「陪審法廷」を読む。
    このフレーズにシビれた。
     今回このような手紙をお送りしたのは、そのことをお伝えしたかったからです。そして、その重みを生涯…