ブリヂストンの限定モデル「P01-2」を試打しました

 ブリヂストンスポーツはときどき限定モデルを出すんですよね。今回はX-DRIVE705の次期モデルが来年の発売になるので、その谷間のモデル(ゴルファーズドックのみの作成)らしいです。形状はX-DRIVE707を小さくした感じ。ヘッドサイズは420ccでロフトは9.5のみ。X-DRIVE707はシャフトが取り外し可能なモデルでしたが、P01-2は通常の接着式です。
 今回、試打したシャフトは来年モデルのDiamana-B 60SとTOUR-AD GT-6S。僕はヘッドスピード(HS 39m/sec)がないのでGT-6の方がいいと思ったけど、ちょっと引っかかり気味。ならばDiamana-Bを試してみましたが、こちらは先端が動かないタイプなので球が上がらない(T.T)。
 X-DRIVE705 TYPE415はTOUR-AD DJ-6Sで結構いい球が出ていたので、P01-2もいけると思ったんですよね。まあ、この日は調子が悪いと言うことで(^^ゞ
 X-DRIVE707は重心距離が短いので、同じような設計になっているとしたらかなり捉まりがいいかも。となると組合せはDiamana-Bの方がいいね。
 また、機会があったら打ってみたいと思います。
X-DRIVE P01-2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする