iPhone4S(32GB)からiPhone5S(32GB)に乗り換え手順

 以前のiPhone3GS(16GB)からiPhone4S(32GB)に乗り換え手順と比べるとグッと楽になりました。手順は以下の通り。
1.iPhone4SのバックアップとiOS7へのバージョンアップ
毎度のことですが、まずはiTunesを最新バージョンにします。そして、iPhone4Sを接続をしてバージョンアップとバックアップを行します。バックアップするときですが、オプション設定で自動同期のチェックは外しておいた方がいいです。
2.iPhone5SをPCに接続して同期をとる
同期には時間が掛かります。iPhone3GSからiPhone4Sでは1時間30分ぐらい掛かりましたが、今回は50分ほどで終了。時間はPCの性能にもよるので参考程度に。
前回は復元できなかったアプリがあったのですが、今回は全て復元できました。アプリのIDやパスワードなど設定関係もバッチリでした。
3.iPhone5Sのアクチベーション(利用開始設定)
これも、毎度のことですが指示に従って設定するだけ。iPhone5Sではホームボタンで指紋認証(Touch ID)ができるので設定します。アクチベーションが終了したら動作確認をします。僕はGmailのアカウントを2つ使っているのでその確認、JRA-VANのアカウント設定の確認、その他アプリの動作確認。
4.My Softbankで@i.softbanku.jpの設定
My Softbankからi.softbanku.jpのメール設定ですがこちらも指示に従うだけ。メールアドレスを確認し、一括設定を行うと勝手に設定してメール内容も引き継がれます。
5.テザリングのテスト
モバイル通信をオンにして、iPhone4SのWi-Fi設定でiPhone5Sのモバイル通信画面に表示されているパスワードを入力してつながることを確認。
復元するとデバイス名も引き継がれるのでここは名前を変更します。変更の仕方は表示されているデバイス名のところをクリックすると反転するので入力するだけです。
6.iPhone5Sのバックアップ
僕の場合はiPhone4SとiPhone5Sでいつも同期をとる必要はないのでiPhone5Sのバックアップをとっておきます。何かあったときは復元すればいいので、気がついたときにバックアップはした方がいいですね。
 iPhone5Sに機種変更して4日経ちますが特に不具合はないです。常に2台持ち(iPhone4SとiPhone5S)でいろいろなテストをしながら使っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする